記事一覧

信長の野望「烈風伝」雑記

コードをサーチするためにエミュでプレイしてたのですが、このゲームもう何年も何回もやってるのに今更ながらに気付いたことがありました。

PC版を含めてちょっと難しい遊び方は戦闘場面を見ないという設定でやることだと思いますが、そこまでではないにしても戦闘マップで委任するとちょっと変わった動きをしますね。

通常、大将だけ動かしてターンを終えると他の配下部隊は勝手に動きますが、この時に複数部隊による攻撃や計略をかけるといった行動は殆どありません。
しかし、委任してしまうと複数部隊同時攻撃や計略(殆どが混乱)を仕掛けますね。しかもこの計略・・・知能の高い武将がやると90%以上の確率で効きます・・・自分で操作してやると50%いくかいかないかの成功率に感じてましたので、ちょっとした驚きでした。(氏康でさえ混乱します)

また複数部隊攻撃は特に騎馬オンリーの自分のプレイでは相手を生かしておけるというメリットがあります・・・突撃だとすぐバッサリやっちゃうので。(笑)

ただ、委任すると城門が表・裏と2ヶ所以上あるマップでは必ず1部隊(殆ど最下位ランクの部隊)が裏へと回ります・・・表からの主力でほとんど敵が残ってないのにも関わらずこういう行動をとるのはアホだな~~と思いますね。

総大将は最初敵の攻撃(弓等)が届かないところに逃げて最後に敵総大将をバッサリなんて場面も数多く見ました・・・なんかリアルっぽく感じます。常に先頭きって突撃するのは2番目の部隊になりますから、この部隊の武将は結構強い武将を充ててます。武力・守備のない高ランクの武将だとやられちゃいますからね。

最近は戦闘配置を終えたら即「委任」がプレイスタイルになりつつあります。まあ、さすがに弱小大名でのプレイではやりませんけど。

結構面白いですから、まだ「委任」をやったことない方は一度試してみてはいかがですか?