記事一覧

水滸伝「天導108星」

箱庭型のゲームとしてノブヤボの烈風伝以外に天導108星というゲームがある。この手のゲームは開発や育成を楽しむのが自分流の遊び方、毎日のプレイ時間があまり取れなくても少しずつやっていけるのも良い。

ということで、今度は久々に引っ張り出してみた。

このゲームはPC版、PS版、SS(セがサターン)版とあるが自分がやってるのはPS版・・・PC版に比べて要害の数が少なくマップも狭いけどPSやSSには特殊なイベント等があり結構楽しめる。

結婚・離婚イベント、失楽園イベント、お宝イベント、梁山泊制圧イベントなどなど。

このうち自分は結婚イベントに拘ることが多い。単に例えば瓊英とプレイヤー好漢を結びつけたいというだけではなくて、序盤の人気が低くて到底仲間に出来ないキャラを配下に出来るからである。

根拠とする要害は季家荘か二竜山、これは移動日数が36日間と他の倍かかり仲間に出来る好漢も多いからである・・・実はもう一つ理由があるが。。。

根拠地に着くまでに仲間にしたいのは小娘、山人、あと漁場か畑の能力を持った者と盗賊、こんなところである。小娘は登用率アップは当然だが、結婚イベントを利用して強キャラを仲間にすることにある。例えば季家荘に向う途中では季瑞蘭が仲間になることがある、そして季家荘には高確率で燕青が序盤に訪問してくる・・・これを捕まえるのだ。燕青が現れたら一旦セーブし、彼の通り道を調べておきリセット、通り道(川を渡るなら川)に季瑞蘭を待機させておき再度セーブ・・・後は2人が重なった瞬間にイベントが発生すればOKである。逆に好漢と結婚させたい女性キャラが在野の場合は、好漢の方を待ち伏せ待機。まあ、かなりリセットしないとなかなか発生しないけどね。(笑)

注意点は結婚イベントを多用する場合は失楽園イベントを起こしやすい奴らを仲間にしないことかも。王英・周通・王慶・杜微・安道全・張文遠・王江・董海・西門慶・李固)がいると、旦那を殺して駆け落ちするし、旦那が逆切れして2人とも殺してしまったりするイベントが発生しやすいので。自分は仲間にする予定が無い場合、戦場で出会ったら捕虜にして斬首する。(爆)

もう一つ仲間を増やす方法
酒場か盛り場があることが条件。目的のキャラ(男女問わず)が現れたら配下4~5人を酒場や盛り場に配置して待機させセーブする。目的キャラが酒場or盛り場で酒を飲み始めたら宴会コマンドを出す。配下キャラと意気投合して配下にしてくれと頼んでくることがあるのでそれが出るまで何回もリセットする・・・・意気投合する相手が決まってるのかどうかは分からないがこれまでの経験ではランダムで出来るみたいだ。但し、相手が女性キャラか待機させる配下が女性キャラだと前述の結婚イベントも発生する可能性があるので注意が必要だが。家族イベントがあるキャラを仲間にしておくと後でそのイベントも起こるのでいろいろ試すと面白い。

あまり攻略サイトとかに載ってない情報を一つ。。。。
「要害の左上隅のマスに罠か柵を作れるところでは、お宝がほぼ無限に発掘できる。」但し、盗賊レベル4や村人レベル4の配下から財宝情報を貰ってる場合はそっちを先に発掘しなければならない。(左上隅を発掘しても何も出ないので注意)

左上隅マスに罠か柵を作り出来上がったらセーブ、そして整地するとお宝を必ず発見する。(若しかしたら回数制限があるかもしれないが。。)発見したお宝が気に入らなければリセット&ロードで何度でも変えられる。これが盗賊が必要な理由であり、二竜山か季家荘で旗揚げする理由だったりして。(アハハ)

今回は小娘を沢山集めて全員男キャラに負けない武人に育てるプレイでもやってみようかな。(^^;

続きを読む