記事一覧

信長の野望「烈風伝」プレイ記その2の3

さて近畿から西へ進軍です。軍を3つにわけ進みます。
第1軍:大将武田晴信、副将武田信繁、部将16名
第2軍:大将村上義清、参謀北条氏泰、部将7名
第3軍:大将板垣信方、部将8名

晴信軍が山陽・四国を攻略、時々軍をさらに分割しながら進軍。
村上軍は山陰をひた走り、板垣軍は近畿に滞在し遊軍として待機。

伊勢の大河内城(斉藤家)に家康が部将7名とともにいて尾張・美濃を狙ってくるので板垣軍を作っておきました。

さて、進軍開始です。

1552/5
観音寺城を落とす。この城は部将・兵ともに少なかったが防御が固く苦労する。最後は風魔小太郎の壁越え&櫓占領で士気0に。
同時に村上軍で建部山城を落とす。支城なのに兵7000部将10人を揃えていたが楽勝。この2つの攻城戦で配下に登用した部将のうち忠誠度の低い柿崎景家・蜂須賀小六・直江景綱・前野長康の4名は建設部隊として各地で道路工事をしてもらうことにする・・・特に柿崎は1回裏切ってるし。。。(笑)

1552/7
室町御所を落とす。大河内城が寝返ったが松平広忠が城主になり元康(家康)は忠義深く室町御所に入っていた。元康を捕らえるも登用に応ぜず・・・やむなく斬首する。

1552/8
征夷大将軍に任ぜられる・・・信長の忠誠が5上がった。(笑)
齋藤の八上城が信繁軍の威圧に屈し傘下に入る。
村上軍が比隈城を落とす。

1552/9
晴信本軍が石山御坊を落とす。

1552/10
村上軍が斉藤家鳥取城を落とす。斉藤家多聞山城が板垣軍の威圧に屈す。

1552/11
信繁軍が赤松家姫路城を落とす。赤松家滅亡。
信長&3姫で斉藤家高谷城を落とす。

1553/2
晴信本軍が斉藤家雑賀城を落とす。村上軍と信繁軍は尼子と毛利の遊軍と交戦、撃破。

1553/4
本軍が斉藤家最後の砦勝瑞城を落とす・・・斉藤家滅亡。道三はすんなり配下になる。忠誠は100・・・信長と大違いだ。(爆)
十河城が傘下に入る・・光秀が配下になった。
信繁の山陽軍が毛利家の天神山城を落とす。
山陰では尼子がウザイ・・・部将一人の部隊がワラワラ寄せてくる。

1553/8
村上軍が尼子家の月山冨田城を落とす。防御が固く一本道の城内戦・・虎の子の大砲を使う。3門しかないけど壊れないように祈りつつ。(爆)1門壊れたがやはり威力抜群、士気0にして落とす。尼子家滅亡。
山陽の信繁軍が毛利家の吉田郡山城を落とす。元就がいたがこちらは楽勝。

1553/9
晴信本軍で岡豊城を落とす。長宗我部家滅亡、国親は配下になる。

1553/11
毛利家最後の城高嶺城を信繁軍が落とす。毛利家滅亡、元就も配下になる。
鶴首城・津山城・湯殿城が相次いで傘下に入る。

1553/12
四国最後の本城湯築城を晴信本軍8000で落とす。まあ半分の兵力で十分だったけど。(笑)大友家滅亡。
あとは九州を残すのみ。

1554/1
4人目の姫登場・・・部将にしなくても良かったが思わずOKボタンを押してしまった。(爆)
武田菊、政戦知100采95、足A騎S鉄D水B、建登外、騎突、陣形7個

1554/2
まず手始めに信繁軍が龍造寺家の立花城を落とす。

1554/3
村上軍が城井谷城を落とす。
岡豊城から出た1隊が中村城を落とす。
佐賀城は信繁軍の威圧に屈す。

1554/4
四国から出陣した本軍が府内城を落とす。島津義弘を配下にする。
元就の1隊が平戸城を落とす。

1554/6
信繁軍団が隈本城を落とす。龍造寺家滅亡、隆信は逃げた。(爆)

1554/7
晴信本軍が佐士原城を落とす。島津攻めの拠点とする。

1554/10
佐士原城から出陣した晴信本軍(兵11000、大砲3門、騎馬12部隊、歩兵2部隊)が内城を落とす。島津家滅亡、人吉城と肝付城は独立勢力化した。

ついに全国制覇、威信値894、支配国数40、城数72、配下部将333人、有兵力395188、大砲3、鉄甲船2、征夷大将軍、朝廷200でした。朝廷・官位工作は一度もやってませんので威信値が1000までいかながったですね。戦闘の引き分け・負けは無しです。鉄砲部隊は主に信長の部隊だけであとは1~2回使っただけです。大砲使ったのも2回だけでした。

内政については、序盤奥州制圧ぐらいまでは自分でマメにやってましたが中盤以降は委任してました。最初の2~3カ国までは村を沢山造った方が良いですね。委任はPCが馬鹿なので金不足に陥りやすいですが、前線の城3つぐらいは委任せずに馬と鉄砲を売って資金を作ってました。

開始から8年半(ゲーム内年月)で全国統一ですが、もう少し考えれば1年ちょっとは縮められると思います。まあ、武田は最初から優秀な家臣団が揃っていて人数も多いですからこれぐらいで出来ましたが、例えば安東家あたりでスタートすればどれぐらいかかるやら。。。

ゆっくりやってると大砲を持ってる大名が結構いますが、今回は今川だけでしたね。それに各城の鉄砲の数も少なかったです。武田晴信34歳・・まだまだ寿命があります。ちなみに姫部将長女の桜は19歳ですので、今からでも嫁にいけるかな?(爆)

最後におこがましいですがこのゲームの攻略のコツなどを書いておきます。
・ゲーム開始直後は村Lv2×6、田Lv2×6ぐらいを早めに造る。
・最初から香木を取りにいく・・これで威信値が上がり(2つで110上がる)登用しやすくなる。
・戦闘力はある程度あれば良いが采配と知力は高いほうが良い・・・采配は防御力に影響する。知力が低いと混乱が多い。
・3~4軍団を編成できるよう配下を育成する・・・兵数100以下で戦闘に参加させなくても連れていけばそれなりの経験値が入り昇進も早い。内政だけでは上がりにくい。
・敵大名は出来るだけ落城時に配下にする・・・宿老になるので戦闘時の壁や囮に使える。特に序盤では有効。
・支城はできるだけ放棄する・・できれば町を潰しておいたほうがよい。敵に取られても金がないと部将の忠誠心が激減するので謀略の対象にしやすくなる。
・囮城作戦を使う場合は、兵を全て引き上げさせ城外で待機、敵が寄ってきたら入城し篭城戦か野戦を仕掛ける。たまに敵が引き返したりするが、相手より少しだけ兵力が多い場合だと大抵はそのまま攻めてくる。
・忠誠度40未満の部将は建設要員として常に道でも造らせておくか追放する。城内にいない部将は敵からの謀略の対象にならない。
・敵城の防御力が高くて1回の攻撃では落とせない場合は、数度にわたって攻撃をしかけ防御力を落とす・・・この場合は最後まで退却せずに引き分けに持ち込むこと。
・野戦は常に5部隊以下の小規模戦闘にすること・・相手の大将はだいたい敵部隊の右翼(こちらから見て左側)にいるので敵大将を集中攻撃すればよい。但し、上杉謙信や武田信玄らとの戦闘は中規模以上で陣形勝負のほうが良いかも。
・PS飯の場合、大砲や鉄甲船のイベントは大名が鍛治村のある城に居なくても発生する・・・欲しい場合は偶数月でリセットしまくれば良い。(キリスト教理解や宣教師来訪には関係していない。)
・姫部将は毎年1月、25歳以上の大名にランダムで登場する。(歴史的な環境は関係なし・・・上杉謙信でも姫が登場する。)姫部将の能力は大名の表向きの能力を概ね引き継ぐ・・・家宝で強化した分を含む。

こんなところかと思います。初めてこのゲームをやる人は島津から始めるのが一番簡単だと思います。

それではまたの機会に。