記事一覧

信長の野望「烈風伝」プレイ記(最終章)

1571年8月「全国平定」

いやはや委任コマンドをすっかり忘れてしまっておって手間どったわい。(汗)

まずは本多を潰し、いよいよ六角攻め・・・あれ?無人の城とかあるのにちっとも動いてこないぞ。思考形態でも関係あるのかな・・・餌作戦ができないぞ。どの城も大軍を擁してるからめんどくさいな。。。
うろちょろしてくれれば、部将の数を減らしたりできるから城攻めも楽なんだけど。やれやれ・・それじゃ室町御所から取るとしようか。

室町御所には大将が陣取ってた。捕虜にして当然斬る・・息子が後を継いだと思ったら翌月に死んだ。まあなんとも可哀想だった・・跡継ぎはなんと島津義久。親父の貴久は小城を守っているから息子の家来になったの?(アハハ)

島津は六角と違って好戦的なので楽しい。油断してると小城を取られたり、輸送部隊が襲われたり・・・武田より賢いかも。(爆)

こちらの作戦は、山陰道を長女綾の軍団、山陽道を次女咲の軍団、四国が3女沙の軍団でそれぞれ連携しながら西進する。我輩は大きな城攻めの時だけ陣頭指揮をとる。

う~ん・・暇をもてあますのぅ、これ信長、禁裏に寄付をしてまいれ。そろそろ官位が欲しくなったぞ。なに?10000貫も必要なのか・・え?朝廷との友好度が200になるまで10000ずつ必要?して何回寄付すればその有効度とやらは200になるんじゃ?
3~4回だと~~!おまけに一回官位をもらうと有効度が下がってまた寄付せにゃならんのか。
どっかの国の役人と一緒で、いわゆる袖の下がいるんじゃな。まあ、一つ二つもらっておくのを悪くはないじゃろうて。

我輩が遊んでる間に姫3人が九州を残して平定した。島津からは何回も同盟の申し込みがあったのだが、全て撥ね付けてきた。しかし、九州を残すのみとなったところで・・・関白にでもなろうか・・なんて欲望を出てきて、一旦同盟を結んでおくことにした。

いったいいくら金を使ったじゃろうか・・近畿じゅうの城の金蔵はからっぽになったしもうたわい。やっと関白をもろうたというのに島津が同盟をはきしてきやがった。せっかく姫達が祝いの宴を準備してたのに。。。

周防と伊予からそれぞれ2万の大軍を率いて九州征伐に乗り出す。立花山・府内・佐賀の各本城は大軍を前にして降伏してきた。平戸・城井谷・佐土原の小城も同じく寝返った。佐士原は島津貴久が守っていたのだが「お家存続のためには止む無し」とか言ってたな・・・親父が分家になったんかい!(爆)

野戦・攻城戦ともにひっ捕らえた敵は問答無用で切り捨てる・・・姫達との宴会をぶち壊してくれた恨みじゃあ!

九州遠征中・・・またもや、身に覚えのない。。。以下略。(爆)
5人目はさすがに姫のままにしておいた、戦力も十分だし。我輩はそんなに精○絶○だったかのう。。。

島津最後の砦となった内城には、総勢3万の兵と10門の大砲をもって攻め入った。8月の暑さの中で戦いはあっけなく終わる。10門の大砲でミスすることなく中ると2回の攻撃で敵将全員??状態。最初の城門を突破したところで戦いは終わった。

25年の長きに渡る戦いを終え、我輩は名実ともに「征夷大将軍」となったのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EDで綾・咲・沙との会話が出てきたのは嬉しかったです。殆どが上2人が話してましたが、最後のほうに椿に対して「おんなの幸せを捨てさせて・・・」みたいな下りがありました。自分が造ったキャラを活躍させて、おまけにEDで最後に見られるというのはなかなか良いものですよ。

プレイ自体は簡単ですが、時間がかかるのが難点ですね。まあ最初の頃だけ入念に内政やっておいて、中盤からはやらなくても大丈夫なんでしょうけど・・・どうも自分の思い通りの配置にしたくて作り直してしまいます。(爆)政治力70以上のキャラを10人揃えて、制圧したらまず治水、次に田んぼ作って最後の村かな。結構楽しい作業です。(笑)

さて、終わりましたが、せっかくのpuk版なのでもっと違う遊び方をしてみようかなと思います。例えば何年ぐらいやれるか・・ひたすら街や田を造っては壊してまた作って・・飽きるでしょうけどね。(爆)

つまらないプレイ記をお読みくださって感謝です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・by granpa