記事一覧

FF12インターナショナル

昨日からプレイしていますが、前作のFF12とはだいぶ違ったところがあるようです。
本編シナリオは全く同じですが、一番の違いはジョブシステムでしょう。前作と同じくライセンスボードでライセンスを取得することにより、使える武器・防具・アクセサリー・技・魔法が決まりますが、ジョブシステムで1キャラ1つのライセンスボードしか選べませんので、FF5のジョブシステムに似たような感じです。ライセンスボードは全部で12種類あります・・・シカリのような初登場のものからモンクやナイトのようなおなじみのジョブもあります。

他に前作では字幕セリフだったところが音声になってたりしますね。セリフは英語ですが、声優さんは少し違和感があります。特にパンネロとフランはあれ?っと思っちゃいました。(笑)

ライセンスのシステム以外にも前作とは違っている部分を何点か書いてみますと・・・・
①トレジャーの再出現タイミングは1ACである。
②トレジャーで魔法・技も入手できる。(たぶん、再出現なし)
③ダイヤの腕輪・ファイアフライ等が早期に入手できる。
④各ショップの売り物が前作とは違っている。
⑤ゲストのガンビットを変更することができる。
⑥トレジャーの数がかなり増えている。また、入っているものも変更されている。
⑦アイテム名が変更されているものがある、新しいアイテムがある。

他にもあると思いますが、主な点は以上のようなことです。前作ではLV50のアーシェでもアンデッド系をデジョンの魔片で消そうとしてもできませんでしたが、今回はアンデッド系にも効くようです。それと、あるジョブを選ばないと使えない魔法とかが出てきます。ブラインなどは序盤でトレジャーから入手できるのですが、黒魔道士がいないと使えません。

ジョブの組み合わせによってプレイの仕方がかなり変わってくるのではないでしょうか。トレジャーの中身が違いますので、最強の矛とか最強の盾とか入手できるのか不安です。(笑)

現在、シヴァをクリアしたところですが、トレジャーとか確かめながら進めていきたいと思ってます。